里山2

   

昨日の日曜日、4月下旬の温かさ。おにぎりを持って磐田市敷地の「里山」に出かけた。中日新聞で”春のまっだだ中”と紹介されたようで、50台分の駐車場は満車状態。鶯が鳴く中、里山の入口からゆっくりと歩を進める。パソコンが発達した時代に手書きの案内板、パンフレットなど見たことがないがこの里山のそれらは、全て手書きでできており、ほのぼのとした温もりが感じられる。7~8分でボランティアの人々が開店しているカフェに着く。(このカフェは土日開店で収益金は里山の運営資金に充てられる)カフェでは”磐田茶、枯露柿、ふき味噌”を出してくれる。カフェからの眺めが素晴らしい。白、赤、桃色と両手をいっぱいに広げたように花を咲かせる、しだれ花桃の”矢口=ヤグチ”。天にまっすぐ伸びたように花を咲かせる”照手=テルテ”。持って行った🍙を食べながら、カフェでボランティアの人々と春の草花の話をするのもまた楽し。今週、一週間、満開の花を鑑賞できます。皆さんも一度、行ってみたら・・・。

”ゆめの整反発”いわたドリームの天然ラテックス マットレス・枕でのお目覚めいかがでしたか?

 

 - 未分類