御衣黄(ギョイコウ)緑の花の桜

   

静岡県掛川市の大須賀支所近くの古楠神社の境内に、緑の花の桜、御衣黄が満開になっている。江戸時代に京都の仁和寺で栽培されたのが始まりと言われている。その名の由来は貴族の衣服の萌黄色に近いためだという。珍しい桜で全国では100ヶ所ぐらいでしか見ることが出来ない。八重桜で花弁は肉厚で外側に反り返る。開花時は緑色だが散るころには中心部が赤く全体は白くなる。一度、見に行く価値あり。今週いっぱいは良いようだ。

ナビで行く方は0537-48-1000掛川市大須賀支所で検索するといい。支所から徒歩5分。

 - 未分類