体に優しい天然ラテックス枕で、皆が優しさに包まれた午後

   

本日私は大恩人のお宅に、ラテックス枕を持参しました。

 

外国人の私を、ご夫妻は大変可愛がってくださり、

いつか恩返しをと思っていましたが、

10数年前、奥様は病に倒れられ、以後寝たきり状態に。

そしていつしか長年の闘病生活のために、首が曲がって固まってしまいました。

 

近頃なぜか、肩凝りの人からとても評判が良い、ラテックス枕。

もしかしたら奥様の首が、少しは楽になるかもしれないと、

そっと頭の下に差し入れてみました。

 

その後お茶を頂きながら、ご主人達と昔話に花を咲かせ、

ベッドに戻ってみると、

見間違いかと思うほど、奥様の首の曲がりがグッと少なくなっていて、

まっすぐ天井を見上げていらしたのです。

 

私は思わず声を上げてしまいました。

 

深い所で優しく、けれどしっかりと包み込むような、

ラテックス枕の特性がもたらした、奇跡かもしれません。

 

気がつくと、その場にいた皆の顔にも、優しい微笑みが広がっていました。

 

なぜもっと早く枕を持ってこなかったのかと悔いるとともに、

お金儲けではなく、こういう光景に出会うためだけに生きたいなぁ、

と心から思ったのでした。

 

社に戻ってそのことを専務に話したら、

「社長、たくさん枕を寄付できるように、もっともっと売上アップ頑張りましょう!」

と真顔で言われました。

 

専務とは一生の付き合いになりそうです。

Yes, いわたドリーム!

 

Thank you.

 - 日々